花を持っている女性
病院

たるみやくまを改善

年齢肌による目の下のくまや頬のたるみ、二重あごシミやしわ、深く刻まれた法令線、毛穴の開きや黒ずみなどの改善には、お肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを整える必要があります。

この記事の続きを読む

濃いメイク

注射を用いた痩身

脂肪溶解注射を打てば、体に傷跡を残すことなく、脂肪吸引とほぼ同様の痩身効果を得ることができます。ただし、脂肪吸引のような即効性があるわけではありませんので、注意が必要です。

この記事の続きを読む

手術室

美容外科で注射

美容外科クリニックへ行くと様々な種類のシワ取り治療を受けることができます。近年高い人気を集めているのは、注射を用いる方法です。注射を打つだけという手軽な方法であるため、大勢の人がシワ取り注射を利用しています。

この記事の続きを読む

効果的な手術法

乳がんなどでなくなってしまった乳房は取り戻すことができます。乳房再建を行えば、女性らしさを取り戻すことへも繋がります。

体についてしまった脂肪を取り除きたいのなら大阪で脂肪吸引の施術を受けましょう。部分痩せができるので理想の体にデザインできます。

麻酔

美容外科クリニックへ行くと、太る原因である脂肪細胞を体から直接吸引する手術を受けることができます。脂肪細胞がなくなってしまえば余分に摂取した脂肪を体に溜め込むことができなくなりますので、半永久的に太る心配から解放されることができます。そのため、体にかかる負担は大きいものの、自己流ダイエットや痩身エステでは痩せることができなかった人が、美容外科クリニックを訪れて脂肪吸引の手術を受けるケースが多いです。ただし、除去した脂肪細胞が再生されることはまずありませんので、脂肪吸引の量を控えめにすることが大切です。以前は、どうせお金を支払って脂肪吸引を受けるのだから、できるだけ大量の脂肪を吸引して欲しいと希望する患者がたくさんいました。しかし、手術の安全性を確保するためには、脂肪吸引の量を少なめにする必要があることが一般に認知されるようになりました。そのため、今後は吸引する脂肪量を控えめにするケースが増加するだろうと予想されています。

脂肪吸引手術の仕上がりを美しくするためには、どれくらい多くの脂肪を吸引するのかではなく、いかにバランスよく脂肪を残すかという点に配慮することが大切です。体全体のバランスを考えずに、闇雲に脂肪を吸引してしまうと、段差が生じてしまう可能性があります。体に生じた段差を解消するために、後からヒアルロン酸などを注入するようなことになってしまっては意味がありませんので、吸引する量は必要最小限に抑えるようにするのがベストです。ただし、吸引量を控えめにしすぎると、仕上がりに満足できない患者も出てきます。そのような場合は、様子を見ながら少しずつ脂肪溶解注射を打って、微調整を図るという方法を取ることができます。とはいえ、医師の美的感覚や技能にかかっている部分が大きい手術ですので、クリニック選びには慎重を期す必要があります。

脂肪吸引をしたいのであれば、ウルトラアクセントがオススメです。しかし、事前に評判はチェックしましょう。